保健師や助産師になるには

看護師には二種類あって、国家資格である正看護師免許と、各都道府県知事免許である准看護師免許があります。看護師養成機関や、短大、4年制大学の医学部看護科など、それぞれの資格を受験する為の学歴条件を満たす人が、それぞれの資格を受験し、合格すると看護師になれます。ただし、正看護師と准看護師の間には、大きな待遇の差があり、准看護師で看護師の仕事を得て、働き始めると、同じ仕事をしていてもお給料に差がでてきて、そのことが不満に繋がることがあるようです。またもし看護師以上のキャリアを目指す、より専門知識を身につけて働きたい場合は、保健師、そして助産師の資格を取得することが挙げられます。4年制大学には、この2つの医療資格をスムーズにとれるカリキュラムがありますが、短大や専門学校からの編入もできるし、実際に臨床の現場にでてから、新たに資格を取得することができるので、まずは学生のとき、その後看護師として働き出して早いうちに、この2つの資格のどちらかの取得を真剣に考えてもいいと思います。基本的には、看護師免許を取得してからの受験資格になるので、少なくても正看護師の資格は学生の時にとっておいたほうが次の資格にチャレンジしやすくなります。東京には、大学を始め看護の専門学校が多いです。

Copyright© 簡単にみつかる東京の看護師求人 All Rights Reserved.